マグマスパ
お問い
合わせ

MAINTENANCE

― メンテナンス業務について ―

マグマスパシステムがいつも良好な機能を保持し、正常に使用できるように

維持管理・保守メンテナンスを行っております

マグマスパシステムの
メンテナンス業務
マグマスパシステムの効果を実感し、毎回快適にご利用いただくために、
各店において定期的なメンテナンス、厳しい衛生基準を設けて運営しています。

①MSS(マグマスパシステム)の定期メンテナンス

①システムの総合的点検及び動作確認、安全確認作業

②MSSの溶岩盤表面の清掃

③異常・故障または部品の損耗が発見された場合における修理、部品交換等の提案及びその実施

④コンディショニングチェック(MSSの機器の状態や溶岩プレートの損傷状態、汚れなのでの衛生面に関する検査)

⑤その他MSSの機能を保持し、良好な環境で使用するために必要となる保守作業

メンテナンス頻度について

その他MSSの機能を保持し、良好な環境で使用するために必要となる保守作業定期メンテナンス業務実施の周期についてはMSSの導入数量、利用者数、使用頻度に合わせてご提案します。

※メンテナンス頻度は、使用目的や利用者数によって異なります。

定期メンテナンス費用(概算例)

定期メンテナンス業務実施の周期についてはMSSの導入数量や利用者数に合わせてご提案します。

※一般的な参考としては以下の通り、3カ月に1回、6カ月に1回のメンテナンスが必要となります。

  • CASE1

    2名用(32㎡)

    維持管理・保守期間:12カ月

    定期メンテナンス基本料金:70,000円/回

  • CASE2

    16名用(66.5㎡)

    維持管理・保守期間:12カ月

    定期メンテナンス基本料金:160,200円/回

消耗交換部品代金(参考)

消耗品交換の周期についてはMSSの導入数量や利用者数に合わせてご提案します。

  • ①電熱ヒーター 80,000円/1枚
  • ②温度センサー 8,000円/ 1個 
  • ③コントローラー 25,000円/1個 
  • ④ELB 7,000円/1個 
  • ⑤プレート 25,000円/1枚 
  • ⑥細菌検査 25,000円/1回 レジオネラ菌・大腸菌・一般細菌
  • 交換工賃・交通費別途必要になります。

②定期的な衛生検査の実施をルール化しています

定期的に、指定する内容による本件製品の衛生検査(一般細菌検査、大腸菌検査、レジオネラ属菌及び甲の指定するもの)を実施をルール化しています。当該衛生検査は、6か月に1回以上の頻度で実施するものとし実施がない店舗はマグマスパシステムはご利用いただけない決まりとなっています。

③メンテナンス注意事項について
研修会にてスタッフ教育をしております

マグマスパシステムの仕組み・構造、メンテナンスの注意点、利用者の身体に与える影響など、十分な知識を取得するために研修会を行っております。

店舗を運営するために必要なノウハウをサポートし、安全・安心で清潔なメンテナンス知識を研修しています。


TOPへ